★2/12 私のテーマについて

『物語の中の動物展』も今週末に迫ってきました。あわわ。。
今日は、今回のテーマについてお話したいと思います。

*今回のテーマについて:norikookamura dollsの場合
『物語の中の動物展』で最初に浮かんだのが森でした。動物じゃない・・ww
森が出てくる物語を動物で表したらというのが、今回の私のテーマです。
そこで思い出したのが誰でも知っているアンデルセンNo.15『ヘンゼルとグレーテル』。
ヘンゼルとグレーテルは、弱気な実の父と悪い義理の母に捨てられ、森の中を彷徨いお菓子の家に辿り着きますが、そこは恐ろしい魔女が仕掛けた罠でした。彼らは勇気と知恵でこの危機をくぐり抜け、富を携え実の父の元へ帰ります。他のアンデルセンの物語もそうですが、善悪両極端な登場人物、宗教心などが描かれています。
私は、ユーモラスなヘンゼルとグレーテル、コンドルの姿をした魔女、魔女に食べられ残った骨=ガイコツ(ややこしいですが、これはクマコスプレをしています)、森のイメージの作品のちょっと怖いダークなウサギ、お菓子の家の甘い誘惑のロップイヤーの女の子、ヘンゼルとグレーテルを支えた宗教的イメージの白い鳩を作っています。(まだ完成していません。間に合う予定。。)
全体的な雰囲気は、ユーモラスで楽しい感じになりそうです〜♪

e0122013_1951181.jpg





★「物語の中の動物達展」
職人的で繊細な創作の中にもちょっと変わった個性を持つ
次世代テディベア系作家5人の展示。
今回のテーマは物語の中の動物。
様々な物語に登場する動物や物語からインスパイアされた動物を
それぞれの作家が独自の観点から制作し、実験的な作品を展開していきます。
日頃なかなかじっくり見る事の出来ない作品達を是非ご覧ください。

●出品作家 今井昌代/梅津恭子/オカムラノリコ/湊敦子/ミヤタケイコ

●展示期間:2012年2月18日(土)ー2月29日(水) 
●OPEN:12:00−19:00 ※月曜休
●会場:ビリケンギャラリー
〒107−0062東京都港区南青山5−17−6−101 tel/03-3400-2214
交通:地下鉄表参道駅B1出口より7分

HP: http://www.billiken-shokai.co.jp ★


★「物語の中の動物展」blog, twitterは、右のLinksを参照してください。

<DM住所面>
e0122013_18541781.jpg

by kikodoll | 2012-02-13 19:06 | Comments(0)